【女性向け】香水の正しい付け方と使い方のポイント

香水は付ける場所や量によって、香り方が全く違ったものになります。

香水が好きな人は正しく使えているでしょうか?

香りが強すぎると「スメハラ」にもなりかねません。

正しく使うことで心地よい香りを楽しめるだけでなく持続時間もキープできます。

この記事では香水の正しい付け方と使い方を解説します。

いい女に近くためにぜひ知っておいてください。

香水の種類

香水は大きく分けると
「オードトワレ」「パルファム」「オードパルファム」「オーデコロン」の4つの種類があります。

それぞれの特徴をまとめました。

オーデコロン

濃度 2〜5%
持続時間 1〜2時間
特徴 ごく軽く香る。
「EDC」とパッケージに表記されている

オーデコロンは香水の中で一番濃度が低いため初心者でも使いやすいです。

ビジネスシーンや日常で気軽に使いたいときに便利。

ライトな香りでリフレッシュ目的にも使えます。

オードトワレ

濃度 5〜10%
持続時間 3〜4時間
特徴 ほんのり香る。
「EDT」とパッケージに表記されている

オードトワレも濃度はそれほど高くないのでフレグランスビギナーに向いています。

友人、家族、職場での反応を見て付けていきましょう。

オードパルファム

濃度 10〜15%
持続時間 5〜7時間
特徴 深みがある香りで持続時間も長め。
「EDP」とパッケージに表記されている

気軽に使えて持続時間が長いので香りの変化を楽しめます。

香水に慣れてきた中級者や上級者におすすめです。

パルファム

濃度 15〜30%
持続時間 5〜7時間
特徴 濃度が高く少量でも香り持続時間も長め

格調高い香りです。

持続時間はオードパルファムと変わりませんが、
濃度が高いため付け方に気をつけましょう。

少量でもしっかり香るので腰より低い位置にさっと吹き付けてください。

香水の香りの変化

香水は付けた瞬間から少しずつ香りが変化していきます。

トップノート、ミドルノート、ラストノートと呼ばれ、
時間によっては全く違う香りになるのがユニークです。

また同じ香水でも体温や肌の匂いによって一人一人違う香り方が出ます。

香りの変化について知っておくと付け方も工夫できますよ。

トップノート

付けて10分〜15分くらいまでの香りをトップノートといいます。

はっきりした香りでアルコールがまだ含まれているため揮発性が高いです。

ミドルノート

香水を付けて20分〜30分で出てくるのがミドルノート。香水本来の香りとも言われています。

全ての香料がバランスよく香る瞬間で、その香水が何を表現したいのかが分かる時間帯です。

ラストノート

付けた時からおよそ2時間以降〜ラストまでの時間帯がラストノートです。

甘めの香りのムスク、ウッディー系、フローラル系などが感じられます。

持続時間の長いオードパルファムやパルファムを使うと実感できる香りです。

香水の正しい付け方

香水がどんな特徴があるのか知ったら、正しい付け方を理解しておきましょう。

どこにでも付けて良いわけではなく、適切な場所に適量付けることがポイントです。

なお、フェロモン香水の正しい使用方法はこちらで詳しくまとめているので、気になる人はチェックしてみてください。

→フェロモン香水の正しい付け方をチェックする

付ける前に準備をする

香水を綺麗に香らせたいなら事前に体を清潔にしておくのは鉄則です。

汗が香水に混じると本来の香りとは遠のいてしまいますし、
汗の匂いをごまかすために香水を付けるのはもってのほか。

時間がない場合はさっと汗取りシートで拭くだけでも違いますよ。

肌に直接付ける

洋服の上から付けるとシミになってしまうので、
服を着る前の素肌に膝や太ももの内側やウエストなどに直接付けましょう。

香水が乾いたら服を着てください。

このときゴシゴシこすらず、付けて乾くまでそのままでいてください。
顔など紫外線が直接当たりやすい場所は付けずに、日が当たらないところを選びます。

香水をくぐって付けるとは?

「香水をくぐる」という意味は、着替えをする前の素肌に霧状にスプレーしまとう方法です。

肌と香水を20cmくらい離すことで付けすぎを防ぎほのかに香ります。

出かける30分〜1時間前に付ける

香水の香りは付けてから1時間くらいがもっともバランスが良いと言われています。

出かける頃には全身を包み込むように、ふんわりと香り出しますよ。

ふんわり香らせたいときのおすすめ部位

香水は体温の高いところにつけるとよく香り、下から上へ立ち上ります。

これらの特性を利用して付ける部位を決めましょう。

ももの内側、ひざの内側、足首

体温が低いももの内側やひざの内側は、ほのかに香らせたいときにおすすめ。

足を動かすたびにふんわりと香ってくるというのもポイントです。

初心者向けで上半身へ付けるよりは優しい香りに仕上がります。

ウエスト

ウエストの両サイドにつけるとほのかに香ります。

学校、通勤電車やオフィスなどのビジネスシーンでもおすすめです。

肩やうなじ

デートやプライベートタイムにおすすめの部位。相手と一緒に香りを楽しみましょう。

あんまり鼻に近いとこにつけると感覚が麻痺するため、
自分自身が匂いを感じない程度を意識します。

付けない方が良い部位

手首など太い血管が多い場所や露出している場所はは体温も高く、香りも強く出ます。

また汗をかきやすい部位は避けてください。特に次の場所に注意しましょう。

わきの下

汗腺が多いため汗によって香水成分が流れてしまう箇所。

また汗の香りと香水が混じりあい、効果が薄れてしまいます。

足の裏

わきの下と同じように香水には不向きです。

足の裏や靴底の匂いがミックスされ香水本来の良さを楽しめません。

香水をつけるときの注意点

香水はTPOをわきまえて使うのが大切です。次のことを守って香りを楽しんでくださいね。

  • 香水が苦手な人にも配慮する
  • 食事の前に付けるのは避ける
  • お見舞いや葬儀には付けていかない
  • 柔軟剤や制汗スプレーと同時に使わない
  • 1プッシュでOK。滴り落ちるほど付けない

まとめ

自分のお気に入りの香水の種類をきちんと知っておくと、正しい使い方も見えてくると思います。

それに加えてシーンに合わせて付け方を臨機応変に変えることはとても大切です。

正しい香水の付け方をマスターして、もっと魅力的な女性になりませんか?

上手に香りと付き合っていきましょう。